工業用ロードセルについて

ロードセルの工業的価値

部品の接合による違いを荷重で操作できれば、ロードセルの機能が生かされます。センサーに応じてロードセルを用いれば、細かいひずみを解消させる取り組みが可能となるため、工業的においては使い道が非常に広い内容となります。そのため爆発を回避したいときや人が介入することが危険な状態においては、ロードセルのノウハウがしっかり活用されることが出てきます。
圧力をコンピュータによって変えられるシステムは、複数の装置の管理や制御に関係します。ロードセルは力の加減を知る数値を示す役割も果たしているため、重機で採用されています。使い道が豊富になったことで、ロードセルを見かける機会がますます増えていくものとなります。力を電気的信号へ変更することで、記録をしたいときに役立ちます。
産業界では時代をリードする器具が用いられることから、品質がよいロードセルは大企業へ搬出されています。実験を踏まえいろいろな場合を計測することになれば、今後の商品開発へ役立っていきます。電気的な装置を拡充したい中小企業においては、ロードセルの導入が大きな課題になっており、機械自体の信頼へかかっています。大切なことは使う人の身になって、考えていくことになります。

引張圧縮万能試験機用の0.5級とは?

ロードセルが使用され、ロードセル自体に精度が求められるのが、計量器や試験機です。試験機では、材料試験で使用する引張圧縮万能試験機において精度が求められています。材料特性を評価するだけでなく、設計上と実際に出来上がった製品における比較試験ではロードセルの誤差が重要になります。ここで重要なのがロードセルの等級であり、『JISB7721の1級もしくは0.5級、ISO7500-1のクラス1もしくはクラス0.5』という適用規格を目にします。
そして、気になる点が0.5級という規格です。実は、引張圧縮万能試験機に用いられるロードセルは設計上0.5級のものを生産し、精度確認試験の結果、0.5級と1級を振り分けています。つまり、0.5級と1級を別々に製造している訳ではなく、選りすぐられたロードセルが0.5級という称号得ていることになります。
また、ロードセルは校正により精度を確認することとなり、使用頻度が多い場合や経年劣化により精度が低下することもあります。そのため、長期的に使用する場合、1級のロードセルを購入するのではなく、0.5級とすることで校正により器差範囲を超えても1級のロードセルとして使用が可能になります。

Calendar

2019年5月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

List

2017年07月27日
さまざまな種類のロードセルを更新しました。
2017年07月27日
高性能だからこそ世の中で使われていますを更新しました。
2017年07月27日
工業用ロードセルについてを更新しました。
2017年07月27日
さまざまなロードセルの活用法を更新しました。

Update Contents

工業用ロードセルについて

ロードセルの工業的価値 部品の接合による違いを荷重で操作できれば、ロードセルの機能が生かされます。センサーに応じてロードセルを用いれば、細かいひずみを解消させる取り組みが可能となるため、工業的においては使い道が非常に広い内容となります。そのため爆発を回避したいときや人が介入することが危…

More Detail

さまざまなロードセルの活用法

ロードセルとは?どんなとこに使う? 突然ですがロードセルと言うものを知っていますか?たぶんあまり知らない方のほうが多いと思います。そこで今回はロードセルについて紹介していきたいと思います。 【ロードセルとは?】ロードセルとは、力を検出するセンサーのようなものです。力を加えると電気信号…

More Detail

Copyright(C)2017 進化し続けていく活用性のあるロードセル All Rights Reserved.